前へ
次へ

老夫婦が暮らす部屋のリノベーション

子供が巣立って夫婦二人になり、いわゆるセカンドライフを始めるに当たって部屋をリノベーションする老夫婦が増えているといいます。
その理由は、人数が少なくなって2人だけになった家族でも、快適に過ごすことができるようにとコンパクトな暮らしを希望する方が増えているからです。
子供がいた時には余分な装飾や家具、それに間取りの数も多いほうが良かったものの、夫婦二人となるととにかく快適さを追求するためにリノベーションをしたいという希望者が多いです。
LDKを無駄のない空間に改築して暮らし安さを追求し、それでいて子供や孫が遊びに来たときにも対応できるような空間に作り変えます。
長く住んでいると老朽化も目立つようになるので、設備を思い切って新しくて使い勝手の良いものに変えるのです。
そうすることで、おしゃれな空間の中で快適さを第一に追求しながら生活を送ることができます。
就農スペースを十分に増やすこともリノベーションで可能になります。

Page Top