前へ
次へ

時代はリノベーションを求めている

「家を買うなら新築」という考え方もまだ根強いですが、時代が変わり、近年では新築至上主義も徐々に変化してきました。
これはリノベーションという選択肢を選ぶ人や興味を持つ人が増えたことが理由ですが、これには環境保護の観点も関係しているでしょう。
家を建てては壊し、建てては壊しというやり方は、大量の建築材を必要とし、大量の廃材を生み出します。
明らかに環境に良いとは言えませんし、もったいないという考え方が見直されるようになった昨今、既存住宅を新しく生まれ変わらせるリノベーションに注目が集まるのも至極当然でしょう。
また、土地や建材の高騰で、新築住宅は近年とても手が出せない価格になりつつあります。
このことからも購入の選択肢が新築から中古物件のリノベーションに拡がることにもなりました。
果たして中古物件に目を向けると、急に選択肢が拡がることに気づく人も多いでしょう。
便利な都会暮らしも、自然豊かな水辺の暮らしも、リノベーションなら実現する可能性があるかもしれません。

Page Top